炭酸ガスパックの使い方

炭酸ガスパックって時間もかかるし、面倒くさいんじゃ・・?」って友人に言われました。

でも、やってみると、結構かんたんなのです。
それに、やってみてお肌がつるつるになったりすると、全然面倒に感じません。

(1)まずは洗顔。これはお肌をお手入れするときの基本ですね。
お顔が汚れていたり、皮脂が浮いていたりすると、 いくら炭酸ガスパックといえど、効果は半減していまいます。
洗顔は、自分の肌質にあった洗顔料を選びましょう

(2)冷水や冷やしたタオルで顔を冷やしましょう。
炭酸は低温の方が発泡しやすいので、顔を冷やしておくほうが炭酸ガスパックは効果を発揮してくれます。

(3)いよいよ炭酸ガスパックを行います。
炭酸ガスパック製品のジェルと顆粒を混ぜ、炭酸ガスを発生させます。
あまり、混ぜすぎないのがポイント。

(4)顔に塗って20分~30分待ちます。
15分と説明書に書かれている炭酸ガスパックもあります。
製品説明書をよく読みましょう。

(5)スパチュラでジェルを取り除き、パフなどを使って洗い流しましょう。

(6)その後は通常のお手入れで。 保湿を心がけましょう。
初めて炭酸ガスパックした後は、驚きの感覚でした♪

*・*・*・*・*・*・*・おすすめの炭酸パック関連サイト・*・*・*・*・*・*・*

炭酸パック・CO2パック口コミ比較ランキング
実際に使ってみて効果があった炭酸パックが紹介されています。

炭酸ガスパックと併せて使いたいコスメ

最近、セラミドが配合された美容液や化粧水などのコスメに大変人気があります。
それは、セラミドが美しい肌のために欠かすことができない保湿に果す役目が大きいからです。

セラミドは、ターンオーバーによって作られるといわれています。
炭酸ガスパックの重要な働きの1つが、ターンオーバーの正常化です。

セラミドを増やし、美肌に欠かすことができない肌の潤いを保つという効果も
炭酸ガスパックでもたらすことができるのです。

炭酸ガスパックの人気の理由

炭酸ガスパックの人気の理由はその作用の仕方にあります。
肌表面ではなく、肌内部から肌細胞に働きかけていくのが、
炭酸パックの魅力です。

毛細血管が拡張されて、血行・血流がよくなり、
美肌に必要な栄養素や酸素がより良く運ばれるようになります。

新陳代謝が促進され、ターンオーバーの正常化につながります。

そのようなことから、
美白、美肌、シミ・シワの改善、にきび対策、リフトアップなど、多くの美容効果を生みますが、
血行・血流が良くなることで、効果がすぐに現れやすい効果のひとつに
目のクマの改善があります。
こちらのサイトでは目の下のクマをとる方法について書かれており、
その中で、対策のひとつとして、炭酸ガスパックについても記事があります。

おすすめの炭酸ガスパックについて

炭酸ガスパックは人気があるだけに、
最近大変多くの製品が発売されており、
どの炭酸ガスパックを選べばいいのか、迷われる方もいらっしゃるかもしれません。

最近では、価格が1回分100円という炭酸ガスパックを謳ったものもあり、
価格の点でも選択肢が大変多くなっています。

ただ、価格の安いものは、炭酸ガスパックというよりは、
炭酸ローションのようなものであったり、
海外で安価なコストで作られているものがあったりするようです。

そういった炭酸ガスパックの中では、
国内できちんと特許をとったメーカーのもの、あるいはそういったメーカーと提携して作られているものが安心できると思います。
きちんとした研究部門を持ち、品質を保証してくれるブランドだと安心ですね。

炭酸ガスパックのブランドとしては、フェブリナ、アクネスラボ、リッツなどが
人気があるようです。

フェブリナやアクネスラボ、リッツなどの炭酸ガスパックの口コミが詳しく書かれているサイトも多くありますので、 参考にされるといいでしょう。

おすすめの炭酸ガスパック:フェブリナ炭酸パック

ぜひ試して頂きたい炭酸ガスパックの1つが、
フェブリナ炭酸パック(フェブリナ炭酸ジェルパック)です。

フェブリナは、炭酸パックブームの火付け役となったと言っても過言ではないくらい、
炭酸パックブームを支えてきた炭酸パックです。

多くの炭酸パックが発売されては消えていく中、
フェブリナ炭酸パックは、ずっと変わらず根強い人気を持ち続けています。
また、最近では、混ぜないタイプの炭酸パックや炭酸トリートメント、炭酸美容液など多くの種類が発売され、
中には、手軽さをアピールするのものもあるのですが、
2剤タイプであるフェブリナは依然として人気があります。

2剤タイプの炭酸パックは、混ぜる手間が必要ですし、
パック時間も20分くらいかかります。
その中で不動の人気を保っているのが、フェブリナ炭酸パックなのです。